香スペシャリスト養成講座


香スペシャリスト養成講座が目指すゴール

日本の香道だけでなく、世界の香文化や香の薬効について正しい知見を得て、香の良さを現代生活に活かすための実践的メソッドを体得し、それを日々の暮らしの中に取り入れ、心身のウエルネス、魂の成長、地球環境への意識の向上、さらに認知症予防、子供たちの嗅覚教育など、社会的課題解決を目指し、日本から世界に発信していく。

伝統的な香を現代生活に活かす方法を学べる講座

人類が火を使うようになってから焚かれていた香(インセンス)は元来神仏に捧げるものでした。香薬という言葉に象徴されるように、香は本来薬です。嗅覚や匂いに関する科学的解明は世界で今注目されている分野です。伽羅や沈香など貴重な香木の香気をそのままの状態で純粋に味わうだけでなく、練香や古代エジプト薫香キフィのつくり方を応用してオリジナルのインセンスを創作し、日常生活に取り入れることで、室町時代から伝えられる「香十徳」に隠された真理を体感していただきます。

 

香スペシャリスト養成講座(初級編)を受講ご希望の方へ

香スペシャリスト養成講座を受講されたい方は、一度お香の講座を受講して下さい。面談をさせていただきます。

渡辺えり代の著書(電子書籍)「お香は魂のたべもの〜香りに秘められた不思議な力〜」(アマゾン)を事前にお読み下さい。

 

 

香研究会IRI認定講師「香スペシャリスト」への道

「世界共通の文化」であるお香の世界は、香材・歴史・文化・効用など、学ぶ範囲が非常に広く、一生かけてもその全貌がみえないくらい広大な分野です。

 

 

「和の香り」といいましても、その材料は昔も今もすべて輸入品なのです。

 

今の世の中では、合成香料が入ったお香がほとんどで、本来の「香十徳」を体感することはなかなかできません。

 

ホンモノのお香の香りは、心を落ち着け、集中力を高め、血行と気の流れを良くする上に、魂の成長を促してくれます。

 

伽羅・白檀などの香木だけでなく、オリジナルのお香をつくる醍醐味は、祈りをこめて丁寧につくり上げることです。

そして、最高の状態で香りを味わうために、お香を焚く/薫くために最適な技術を習得し、美しいお点前を行うことも重要です。

 

これからやってくるAI時代に、人間にしかできない創造的なこと、インターネットで伝えられない香りは、ますます価値が高まってくると思います。また外国人労働者やロボットが活躍されるようになると、50歳以上の日本人が長く仕事を続けるためには、「なにができるか?」ということが今後問われるようになります。お香の仕事は、高齢になればなるほどふさわしい稀有な職業なのです。健康管理ができれば、100歳まで続けられます。

 

超高齢社会の日本では、葬儀・法要のお焼香の需要はますます高まります。

合成香料が入った大量生産のお焼香でなく、厳選された天然の香材を使って、祈りをこめて手づくりする「祥香」は魂のたべものといえます。特許庁に商標登録の申請をしておりますこの「祥香」をより多くの人に広めたいと考えております。

 

初級編を受講された後に「祥香アドバイザー養成講座」を受講されますと、祥香づくりの講座(教材・香材はこちらで提供いたします)を有料で開講できます。 

 

中級編を受講された後に、「薫香アドバイザー養成講座(キフィ)」を受講されますと、キフィづくりの講座(教材・香材はこちらで提供いたします)を有料で開講できます。

 

上級編を受講された後に、「薫香アドバイザー養成講座(練香)」を受講されますと、練香づくりの講座(教材・香材はこちらで提供いたします)を有料で開講できます。

 

それぞれのアドバイザーとして、1年以上活動されて、人材育成をされたい方は「インストラクター養成講座」を受講されますと、それぞれの「アドバイザー養成講座」の講師として活動することができます。

 

もちろん、生業としてお香の仕事をする目的でなく、日々の暮らしのなかで、ご自身・ご家族・ご友人のために、ホンモノのお香を取り入れたいという方も、大歓迎いたします。

 

 

さらに、聞香について学びたい人には、香木の香気を味わうためのお香の炷き方とお点前を伝授いたします。

 

すべての養成講座を修了されて、講座を開催された後に、香研究会IRIが実施する試験に合格して、講師としての知性と教養を含め、すべての条件を満たされた方は、香研究会IRI認定講師「香スペシャリスト」として、香研究会IRIが開講する人材育成の講座の講師として活動していただきます。 

 

 

初級編 講座内容

 

【1】  お香とは?

【2】  新しいスタイルの香道「聞香」、薫香、焚香の体験・香十徳の体感 

【3】  沈香のお話とお香づくり

【4】  平安時代の薫りのお話とお香づくり

【5】  白檀のお話と塗香づくり

【6】  香りと嗅覚・嗅覚教育

【7】  乳香 (フランキンセンス)とお話とお香づくり

【8】  芳樟・月桂樹・ヒノキ・ヒバのお話と匂い袋づくり

【9】  琥珀(アンバー)のお話とお香づくり

【10】没薬(ミルラ)のお話とお香づくり

【11】認知症予防・お香のたき方

【12】オリジナルのお香づくり

 

中級編 講座内容

【1】  天と地をつなぐ香りの体験

【2】  古代メソポタミアの香りのお話とお香づくり

【3】  古代イスラエルの香りのお話とお香づくり

【4】  古代インドの香りのお話とお香づくり

【5】  古代アラビアの香りのお話とお香づくり

【6】  古代ギリシアの香りのお話とお香づくり

【7】  古代マヤ・インカ・アステカの香りのお話とお香づくり

【8】  古代ヒマラヤの香りのお話とお香づくり

【9】  古代中国の香りのお話とお香づくり

【10】古代ケルトの香りのお話とお香づくり

【11】古代エジプトの香りのお話と薫香キフィづくり

【12】キフィの薫き方とお点前

 

 

上級編 講座内容

 

【1】  聞香会・お香の不思議な力と今後のお香の仕事の可能性

【2】  天然麝香のお話と麝香を入れる練香づくり

【3】  天然香原料を使うアラブの伝統的薫香バフールづくり

【4】  伽羅の香木の良し悪し/講座開催のための資料作成と宣伝の仕方

【5】  今のライフスタイルに合った葬儀・法要のためのお焼香づくり

【6】  龍涎香のお話と龍涎香を入れる練香づくり

【7】  ダマスクローズを使うパウダーインセンスづくり

【8】  沈香の香りの聞き比べ/講師として求められるみだしなみと話し方

【9】  中国式香道

【10】練香の薫き方とお点前

【11】香木の炷き方と聞香会のお点前

【12】お香の講座の実施とレポート作成

 

 

 

■スケジュール:こちらをご覧下さい

 

■会場:世田谷「香」サロン (桜新町駅・上町駅

 

■講師:渡辺えり代(香研究会IRI代表)

◎講師のプロフィールはこちらをご覧ください

 

■申込先:eriyo@arts-wellness.com 080-6552-4709 

 

■香スペシャリスト養成講座 受講費(事前振込):初級編 12回   168,000円(分割払いも可能です)

                                              中級編 12回   216,000円(分割払いも可能です)

                                              上級編 12回   336,000円 (分割払いも可能です)

                                 

                        合計 720,000円(教材費・香材費込み)

 

■個人レッスン(事前振込)初級編12回 30万円 中級編12回 40万円  上級編 12回60万円  

 

◎個人レッスンは遠くに住んでいらっしゃる方やご多忙な方にオススメです。

 

 

■祥香アドバイザー養成講座 受講費:100,000円 (教材費・香材費・認定証の発行・送付 込み)

 

■薫香アドバイザー養成講座(キフィ)受講費:100,000円 (教材費・香材費・認定証の発行・送付 込み) 

 

■薫香アドバイザー養成講座(練香)受講費:100,000円 (教材費・香材費・認定証の発行・送付 込み)                                 

 【注意事項】必ずお読み下さい!

 

 

*すべての養成講座につきまして、お振込された受講費は、受講生のご都合で途中で辞められても、ご返金はいたしません。

 

*体調不良などの理由で欠席される場合は、1講座につき追加料金1万円で補講を受けて下さい。

 

 

*養成講座で学ばれたお香のレシピは、許可なく商用で利用できませんので、もしも、途中で辞められる場合は、必ずその理由を

 書面に書いていただき、こちらが指定する誓約書に、お名前とご住所を記入して、捺印をしていただきます。また、「祥香」は

 特許庁に商標登録の申請をしておりますので、香スペシャリスト養成講座を修了した方にその使用を限定いたします。

 

 

*養成講座の途中で、こちらにご連絡をされずに、有料で講座を行った場合は、厳重な処置をさせていただきます。

 

*お香の世界は非常に奥深く、時空を超えて旅するように、一生かけてゆっくり楽しみながら学び続けることができます。

 お香を日常生活に取り入れると、心身の健康管理、精神の鎮静作用、人間関係と居住空間の断捨離、仕事の軌道修正、魂の成長

 のために、大変役立ちます。祈りをこめてつくるお香のもつ不思議な力を体験し、日常生活のなかでホンモノの香りに触れな

 がら、五感を研ぎ澄ませると、目にみえるものよりも、目にみえないものが大切であることが、体感できるでしょう。

 「お香は魂のたべもの」であることを広める仲間が、国境を超えて世界に広がっていくことを願っております。