お香の個人セッション


人生を変容させるお香の香り

 

これからの時代は、社会のシステム、結婚のあり方、仕事の内容、雇用形態などが変化し、今までの常識とは違う価値観生まれてきます。

 

まわりの動きや助言に振り回されず、自分の内側とつながり、心の声に耳をすませて、魂が歓ぶ道を選ぶことが、今求められているのではないでしょうか?

 

誰にでもできる単純作業、データ入力・分析などの仕事は、ロボットやコンピューター(人工知能)の方が効率よく作業できますから、多くの人が将来、今の仕事を失ってしまうかもしれません。

 

人間にしかできないこと、とくに五感を使うことは時代の変化に左右されません。視覚や聴覚の情報はインターネットで伝わりますが、嗅覚体験はリアルでしかできませんから、人間が携わる意味があります。嗅覚は生き物にとって一番大事な感覚で、食べ物を得て、子孫を残し、外的な危機から守るために重要な働きを担います。そして、嗅覚を天然の香りで刺激すると、直感力や第六感を活性化し、認知症の予防にも役立つのです。

 

ホンモノのお香の香りは「魂のたべもの」といわれます。お香は世界共通の文化で、香煙には場や心身を清める効果があり、厄除けや邪気祓いに役立つことは、古代文明の時代からよく知られています。

 

香木 伽羅「羽衣」の香りは、魂を天に近づける不思議な力を秘めていて、魂が故郷に戻ったような安心感に包まれ、本当にやりかったことや「人生の目的」に気づく人が多いです。また香木 白檀の香りは、心と肉体に響き、鎮静作用やリラックス効果によって、悲しみ、恐れ、怒りといった「負の感情」を手放す感覚をもつ人が多いです。

 

私はアメリカから日本に引越してから今までの16年間、日々試行錯誤を繰り返し、自問自答しながら、生きてきました。人生で重大な決断をする前に迷いを感じる時、お香を焚いて瞑想をすると、自然と心が決まってきます。人から指示されるのではなく、自分で決めたことには責任が生じますので、万が一うまくいかなてくも、必ず学びがあり、周りの人を責めることもありません。

 

この個人セッションでは、はじめに、今かかえていらっしゃることについて、じっくりお話をお聞きします。そして、「どんな時にワクワクしますか?」「子供の頃、夢中になるほど大好きだったことは何ですか?」「これからの人生をどのように創造していきたいですか?」「人生の目的や使命は何ですか?」といった究極的な質問をした後、お香の香りを体験していただきます。体験の後に、自然に「心の声」が聴こえて、方向性がみえてくるでしょう。

 

お香を日常生活で使いたい方には、お持ち帰り用のお香も創作いたします。香りには好き嫌いがありますので、目の前でさまざまな香材の香りを試しながら、目的に応じて、的確なアドバイスとともに、世界にひとつだけの香りを調香させていただきます。

 

2019年7月から新たに古代蓮を使ったお香を創作するようになりました。縄文時代の蓮の実が芽吹いて現代に蘇った古代蓮は不思議な力に満ちています。夏の間に採取して、発酵・熟成させた古代蓮の香りを閉じ込めた熟香を入れて、目の前で創作するお香は大変好評です。ご要望があれば、ご準備いたしますので、ご予約の際にお知らせ下さい。

 

 

■会場:世田谷「香」サロン (桜新町駅・上町駅)

■芸術療法ファシリテーター・香研究家:渡辺えり代(香研究会IRI代表)

■申込先:eriyo@arts-wellness.com 080-6552-4709 

■個人セッション料金:3万円 (90分)

◎お持ち帰りいただくお香代(ご希望がある場合のみ):千円〜5万円(材料、分量によって価格が違います。)